治療痕が目立たない歯科治療のメリット、デメリットとは?

目立たない治療なら審美歯科がおすすめ!

歯の治療に金属を使っていたのは今では昔の話・・という人も増えてきています。いわゆる銀歯は現在でも現役の治療法ですが、様々な事情から治療痕が目立たない歯科治療を希望する人が増えてきています。女性であれば勿論、男性でも相手に与える印象を気にする人の中には自然な見た目になる様に治療する人が少なくありません。金属の代わりにプラスチックやセラミックと言った素材を使うことで周囲の歯に似せた色合いで詰め物や被せ物を作ることが出来ますので目立たない治療が実現できます。

審美歯科のデメリットとは?

見た目がきれいに仕上がる審美歯科には多くの人が良い印象を持ちます。治療結果だけを見れば殆どの人が支持する治療法であると言えるのではないでしょうか。しかしながら唯一とも言えるデメリットが非常に影響の大きなものであるため審美歯科を選択することに抵抗を生じさせています。それは健康保険の適用対象にならないということであり、通常であれば保険証を提示して3割負担で受けることが出来る治療が、審美歯科であれば少なくとも3~4倍以上、場合によっては10倍以上のの治療費が必要になるのです。この金銭的な変化は非常に大きなデメリットであると言えるでしょう。

それでも受けたい審美歯科のメリット!

審美歯科で誤解されやすい部分としては見た目がきれいになるだけの治療であるという点です。しかしそれは全くの誤解であり違います。審美歯科で勧められているセラミックでの治療等は、銀歯に比べて非常に歯科治療に向いている最先端の素材を使った治療であることが知られています。銀歯に比べて劣化をし難く変形もせず、汚れも付きにくいという特性が歯科治療には最適なのです。そのため治療費は高価ですが、大切に使えば一生ものの治療であると言えるのです。それでも高い治療費であると考えるかどうかは人それぞれであると言えるでしょう。

オールセラミックで使われる義歯には様々な白さのものが揃えてあるので、好みに合わせて歯の白さを調整可能です。

Comments are closed.