自分の歯を守りたい!歯間ブラシの効果とは

歯に詰まるゴミを取り除ける

歯間ブラシを使うことで、歯の間に詰まってしまった汚れを取り除くことができます。歯と歯の間には、ちょっとした隙間が空いていますが、この間に食べ物のカスが詰まってしまうことで、虫歯や歯周病の原因となってしまうのです。歯間ブラシを使ってケアを行うことで、歯の間に詰まった汚れを取り除くことができ、歯の健康を守れるようになってきます。食事の後には、歯ブラシを使ってケアするだけではなく、歯間ブラシも使うようにしましょう。

ジェルを使うとよい効果的

歯間ブラシは、そのままの状態で使うことでも、充分な効果を感じることができます。ただ、歯間ジェルを付けて使うことで、高い効果を得られるようになるのです。歯間ジェルは、歯の間にも浸透しやすいようにジェル状で出来ているので、歯間ブラシを使う時の邪魔になることがありません。そのため、細かい部分まで使うことができます。また、成分として殺菌効果のある成分が含まれているので、歯茎の健康を保てるようになるのです。

歯周病を防止することが出来る

歯間ブラシは、歯周病予防に効果的になってきます。歯周病になると、歯茎が腫れてしまい出血しやすくなってきますが、その状態が悪化すると歯周病になってしまうのです。歯周病が酷くなることで歯が抜け落ちてしまい、自分の歯を長く保てなくなってきます。歯間ブラシを使うことで、歯の間に溜まった汚れもしっかりと取り除けるようになり、歯周病になるリスクを軽減することができます。またブラシで歯茎をマッサージすれば、血行もよくなるでしょう。

根管治療とは虫歯が神経まで達してしまった場合に行う治療方法です。虫歯による痛みを放置してしまうと、大きな病気へと繋がる場合があるので早急にクリニックへ相談しましょう。

Comments are closed.